×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 フォーメーション 保ち合いの基礎 / テクニカル指標室

  テクニカル分析・チャート分析「スイングトレードの達人」            
     HOME >> フォーメーション 保ち合いの基礎
カテゴリメニュー
 スイングトレード 基礎〜実践
 テクニカル指標室
  はじめに
  テクニカル分析有効性
  主要指標の早見表
  ローソク足
  ローソク足の種類
  組み合わせ
  酒田五法
  フォーメーション
  トレンドライン
  保ち合いの基礎
  保ち合いのパターン
  テクニカル指標
  移動平均線
  MACD
  期間性指標
  DPO
  サイコロジカルライン
  モメンタム指標
  ストキャスティクス
  RSI
  RCI
  移動平均乖離率
  ウィリアムズ%R
  ROC
  モメンタム
  DMI
  ADX
  ソナー
  CCI
  価格指標
  一目均衡表
  エンベロープ
  ボリンジャーバンド
  パラボリック
  ピボット
  出来高指標
  出来高移動平均線
  ボリュームレシオ
 テクニカル検証室
 チャート検証室
 時系列検証室
 証券会社比較
 初心者講座 
 日経225先物取引ガイド
 株コラム
 四季報の上手な使い方
 株主優待情報
 おすすめ書籍情報
 その他、お役立ち情報
 

スイングトレードの達人 無料メルマガ

  フォーメーション 保ち合いの基礎

保ち合いの基礎

トレンドが読みにくい相場として、あまり上下の振幅のない「保ち合い」相場があります。横ばいのトレンドでその後上がるのか下がるのかを見極める事が重要になります。
上方トレンドもいつかは反落することになり、下方トレンドもいずれは反発して上昇に向かうのが相場というもので、相場は上げと下げのくり返しです。しかし時に、横ばいの状態になることがあります。値動きがほとんどないか、非常に小幅な値動きにとどまっています。このような状態を「保ち合い」といいます。
保ち合いは、株価が上がるという見方と下がるという見方が綱引きしているような状態にあることを示します。いずれにしても、その後の相場は上方か下方いずれかのトレンドに移っていきます。

保ち合いの基礎

保ち合いの後、上方か下方のどちらかに流れが出始めることを「放れる」といい、保ち合いから上に放れたら、相場は上方トレンドに移ったと考えられ、下に放れたら下方トレンドへ移ったと考えられます。これをとらえるには、実際に株価チャートに上値抵抗線と下値支持線を引いて、そのラインを目安に株価を追跡します。


保ち合い放れした例

原則的に、上値抵抗線を超えて株価が上がったら上放れの兆しで、反対に下値支持線を突き抜けて株価が下がったら、下放れしたと予測できます。
上放れは「買い」のシグナルで、下放れは「売り」のシグナルです。『保ち合いから放れたほうにつけ』が有効な投資手段として知られています。




















  HOME

当サイト全てにおいて掲載されている文章等一切の無断引用・転載をお断りします。投資は自己判断でお願い致します。
また、各種情報の内容によって生じたいかなる損害についても、当サイト管理人は一切の責任を負いません。   スイングトレードの達人  管理人 クリオ 
Copyright (C)2006 スイングトレードの達人 All Rights Reserved.