×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 ローソク足の種類 / テクニカル指標室

  テクニカル分析・チャート分析「スイングトレードの達人」              
     HOME >> ローソク足の種類
カテゴリメニュー
 スイングトレード 基礎〜実践
 テクニカル指標室
  はじめに
  テクニカル分析有効性
  主要指標の早見表
  ローソク足
  ローソク足の種類
  組み合わせ
  酒田五法
  フォーメーション
  トレンドライン
  保ち合いの基礎
  保ち合いのパターン
  テクニカル指標
  移動平均線
  MACD
  期間性指標
  DPO
  サイコロジカルライン
  モメンタム指標
  ストキャスティクス
  RSI
  RCI
  移動平均乖離率
  ウィリアムズ%R
  ROC
  モメンタム
  DMI
  ADX
  ソナー
  CCI
  価格指標
  一目均衡表
  エンベロープ
  ボリンジャーバンド
  パラボリック
  ピボット
  出来高指標
  出来高移動平均線
  ボリュームレシオ
 テクニカル検証室
 チャート検証室
 時系列検証室
 証券会社比較
 初心者講座 
 日経225先物取引ガイド
 株コラム
 四季報の上手な使い方
 株主優待情報
 おすすめ書籍情報
 その他、お役立ち情報
 

スイングトレードの達人 無料メルマガ

  ローソク足の種類

ローソク足の基本

ローソク足は波のように動き続ける株価の流れを、一目で分かるようにしたもので、値動きの全てを表しているのではなく、チャートとして使いやすいように、最も必要なデータだけを選りすぐっています。
1日の値動きを示す日足は、前場と後場を合わせた4時間半の四本値から書かれています。午前9時以降始めについた値段が始値、午後3時の値段が終値、取引中の最も高かった値段が高値、最も安かった値段が安値になります。

陽線 陰線

終値が始値よりも高かった場合は白色になり「陽線」と呼び、終値が始値よりも安かった場合には黒色になり「陰線」と呼びます。
またどちらのローソクにも共通していることは、「ヒゲ」と呼ばれる棒線が上と下につく場合があることです。上につくヒゲ(上影)は高値を意味し、下につくヒゲ(下影)は安値を意味しています。始まりの値段と終わりの値段とではどちらが高かったかまで一目瞭然でわかります。
1本のローソク足の長短、陽線、陰線、ヒゲの上下の位置、長短が以後の株価の動きを暗示するため、ローソク足を理解さえしていれば、短時間で過去の株価の方向性を知ることができ、将来の株価を予測する知恵も生まれてきます。



ローソク足の応用形

ローソク足の中には長い間なじまれてきた「応用形」ともいうべき足型があります。おもしろいニックネームがついてますが、名前よりもその形が意味する事を覚えるのが大事です。相場の流れをつかむ重要なサインになります。
「あの足型が出てきたら注意!!」などとイメージできるようになれば儲けるチャンスも倍増します。

ローソク足の形 説明

陽の丸坊主
ヒゲがまったくない大陽線で買い勢力が一方的に強いと判断できる。


陽の寄り付き坊主
下ヒゲのない大陽線で買い勢力が強い。


陽の大引け坊主
上ヒゲのない大陽線で買い勢力が強く、今後も上昇するかと期待の高まる陽線。


コマ(陽の極線)
柱もヒゲも極めて短い陽線で相場に迷いがあり、保ちあっている状態の陽線。


カラカサ(陽線)
短い柱に長い下ヒゲが付く陽線(上ヒゲなし)で、底値圏で出たら上昇への転換の可能性が高いと判断できる。


トンカチ(陽線)
短い柱に長い上ヒゲが付く陽線(下ヒゲなし)で、天井圏で出たら下落への転換の可能線が高いと判断できる。


トンボ
下ヒゲが長い寄引同事線で相場の転換期を示唆する。


トウバ(塔婆)
下ヒゲがない寄引同事線で、相場の一つの流れが終了しこの後転換か保ちあいのどちらかへ進むと判断できる。


陰の丸坊主
ヒゲがまったくない大陰線で売り勢力が一方的に強いと判断できる。


陰の寄り付き坊主
上ヒゲのない大陰線で売り勢力が強い。


陰の大引け坊主
下ヒゲのない大陰線で売り勢力が強く、今後も下落する可能性があると判断できる陰線。


コマ(陰の極線)
柱もヒゲも極めて短い陰線で、相場に迷いがあり、保ちあっている状態の陰線。


カラカサ(陰線)
短い柱に長い下ヒゲが付く陰線(上ヒゲなし)で、底値圏で出たら上昇への転換の可能性が高いと判断できる。


トンカチ(陰線)
短い柱に長い上ヒゲが付く陰線(下ヒゲなし)で、天井圏で出たら下落への転換の可能性が高いと判断できる。


寄せ線(足長同事線)
上ヒゲと下ヒゲがほぼ同じ長さの寄引け同事線で、売り勢力と買い勢力が激しく攻防している状態にあり、相場の転換期を示唆する。


4値同事足
四本値がすべて同じで柱もヒゲもない寄引同事線で、相場が動いていない状態だが、動き出せば新しい相場へ移行する。




  HOME

当サイト全てにおいて掲載されている文章等一切の無断引用・転載をお断りします。投資は自己判断でお願い致します。
また、各種情報の内容によって生じたいかなる損害についても、当サイト管理人は一切の責任を負いません。   スイングトレードの達人  管理人 クリオ 
Copyright (C)2006 スイングトレードの達人 All Rights Reserved.